CALENDER

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

CATEGORIES

archives

ごあいさつ

鉄道 と音楽と自然が大好きです。 
私の写真やコトバに 
共感していただけたら
残してくださると
うれしいです・・・。 白いかもめ

 ☆

大好き・・・

ピアノが好き
2015.12.13 Sunday

雨の日の噴水

0
    先月の半ばのこと

    大雨の中で噴水を見た。



    そして、ふと・・

    この曲を思いだした。

    ギロックの「雨の日の噴水」

    https://www.youtube.com/watch?v=tcepR5UrXy4


     

    2015.08.19 Wednesday

    3ヶ月に一度の検査

    0
      今日は眼の検査の日でした。
      患者さんが多くて
      3時間ほどかかってしまったけど
      悪くなっていなかったので
      ホッとしました。(^^)

      このまま経過観察して
      また3ヶ月後に来院とのこと。
      瞳孔がまだ開いたままだったので
      帰りは、よく見えないよ〜
      ・・・で、ゆっくり歩きました。

      手術が必要と宣告された
      あの時を思えば
      今こうやって経過観察で
      過ごしていける
      この毎日に
      感謝しなくてはいけない・・・

      そうなんですよね。
      私の原点は
      いろんな持病がありながらも
      こうやって今を元気に
      過ごしていけること
      それだけでも満足しないと
      いけないんですよね。

      お昼はそのまま
      久しぶりにイタリアンのお店で
      たらことイカのパスタと
      レモンパイを食べました。

      美味しかった・・・

      疲れたけど
      今日は、心が笑っています。

      このまま休めそうです。


       

      2015.08.02 Sunday

      メールアドレスを変更する時は

      0
        携帯の私のメールアドレス・・
        これはすっごく思い入れのあるもので
        息子が初めてショパンを弾いた時の
        楽譜の番号なんですね。

        これまでにも
        迷惑メールが入ってきたことが
        何度かあったけど
        その度にまとめて削除して
        一ヶ月ぐらいしたら
        落ち着いての繰り返しだったので
        今回も大丈夫かなって
        思っていたら

        昨日あたりから
        ひっきりなしにドンドン入りだして
        件名も、いやらし〜ものばかりで
        やっぱりもう変更するべきかなと
        思い始めてきました。

        あと一週間ぐらい様子をみるけど
        これ以上増えたら
        アドレス変更します。

        その時は、ちゃんと件名に
        名前を入れて送信しますので
        アドレス違っても削除しないでね。(^^)/
        (その時は、その前にまたこのブログで
        お知らせします〜。)

         

        2015.02.10 Tuesday

        本棚の片隅で見つけた楽譜

        0
          息子が弾いていた曲の入った楽譜を
          ずっと探していたけれど
          自分のものはほとんど
          持って行ってしまったみたいで
          がっかりしていた私だったけど
          息子の部屋の本棚の隅に
          2006年のスーパーピアノレッスンが
          数冊だけ残っていた。
          楽譜
          もしかすると・・
          急いでページを開くと・・あった!
          それから私は、少しずつ練習しているけど
          神経が痛むので左のオクターブを弾くのが
          今のところ大変な状態のまま・・。
          でも、不思議なんだけど
          毎日続けていると無理をしない限りは
          手を広げても最初の頃と比べて
          痛みが軽くなってきている。
          これは、本当にリハビリも兼ねているのかも・・
          そう思ってしまった。

          他にも数冊の楽譜が残っていたけど
          写真の向かって左のショパンは、家に帰ってきた時に
          すぐに弾けるように・・置いていったんだろうなって・・。
          なぜかというと、ピアノの譜面台の上に
          ・・そのままだったから。

          娘が弾くときは、その楽譜をよけることなく
          その上に自分の楽譜を置いている。
          それは、息子が居た時と同じ・・
          ピアノを弾く順番待ちをしていた頃
          次にすぐに弾けるように、それぞれの楽譜は
          そのままの状態にしていたから・・。

          知らず知らずのうちに・・
          気がつけば、存在が無くても
          ピアノには息子がそのまま・・・いるのかもしれない。
          音楽って・・本当に素敵・・。(^^)



           

          2015.02.09 Monday

          娘とピアノ・・今が楽しい・・

          0
            高校2年生まではクラシックばかりで
            他のジャンルの曲といえば・・
            学校の合唱コンクールぐらいでしか弾かなかったけど
            高校3年生から、そして大学生になって
            いろんなジャンルの曲を弾くようになりました。
            今、娘がやってるユニットやバンドはいくつかあるので
            どこでどの曲を・・というのは私にはわからないけど
            (実は、今の曲がほとんどわかっていない私・・)
            昨日は、たまたま1日家に居て・・
            こんな曲を練習していました。
            楽譜
            楽譜はまだずーっと向こうまで続いています・・。
            いつどこで誰と一緒にやるの・・って聞きたかったけど
            あまりしつこく言うと怒っちゃうので我慢。
            椅子
            たまーに、こんなことして弾いてるんですよ。
            昔だったら考えられないことかも。

            中学生の頃は折れそうなほど細かった足も
            太くて立派になりました・・





             

            2015.02.09 Monday

            ハタチになった娘

            0
              このブログを始めた頃は小学生だった娘・・。
              病気がちでやせっぽちで・・
              当時は、ピアノと歴史のブログ更新が
              一番の楽しみでした。

              将来は、ピアノの先生になりたい!
              古生物学者になりたい!
              英語を使ったお仕事をしたい!

              小さかった娘の夢は、
              いっぱい、いっぱいに広がりました。

              でも、前に進んでいく度にいろんな壁に突き当たり
              悩みながらも枝分かれした道を自分で選び
              いまは音楽を楽しみ、たくさんの仲間と出会い
              昔からは想像できないくらいに
              元気で活発な女の子になりました。

              そんな娘は・・
              今年の4月から大学3年生になります。






               

              2015.02.08 Sunday

              ピアノの椅子の足カバー♪

              0
                床にキズが入るといけないので
                ピアノの足の底にはカバーをつけていたのですが
                前のはニットだったので、どうしてもホコリが
                ついてしまっていたのです。
                (ちゃんとモップ掛けはしていたんですけど・・。)
                そこで、今回はこちら・・布のカバーにしてみました。
                 カバー

                それでは・・よいしょっと・・・
                椅子をひっくり返して・・あら?
                裏側に白い文字が見える・・・。
                (前は娘が付けたので、私は今回初めて裏側を見ました。)
                椅子
                何というか・・ひっそりとしたところに、意外な存在感・・。
                椅子
                振り返ってみると、この椅子は前に使っていた
                アップライトの頃からのもの・・ということは、もう21年目・・。
                でも、まだまだ大丈夫そうです。
                大事に使えば、あとどのくらい一緒にいられるのかな・・。
                 カバー
                ピアノの足が可愛くなりました。(^^)

                いま、我が子のように・・ピアノがとても可愛いです。
                (もちろん、椅子もです・・。)








                 

                2015.02.07 Saturday

                いちばんの・・

                0
                  我が家のピアノは
                  今・・私がいちばんのお友だち・・。

                  ちょっと可哀想かもしれないけど・・。























                   

                  2015.02.06 Friday

                  ピアノの音

                  0
                    家から息子がいなくなって
                    淋しくて、淋しくてたまらなかった。
                    ご飯をつくってあげることができない
                    それが一番だったけど
                    息子の存在がないことだけが
                    淋しいんじゃないことに気がついた。
                    そして、それは息子だけのことではなかった。

                    我が家はいつも子供たちの弾くピアノの音が
                    ずっと、ずっと流れていた。
                    ランドセルをおろしてすぐ
                    おやつを食べてすぐ
                    出かけていても、ピアノが弾けなくなるからって
                    夕方になる前に帰ってきてた。

                    私は、仕事から帰って食事を作りながら
                    いつも子供たちのピアノを聴いていた。
                    その日常がなくなってしまって
                    私の心の中には大きな穴が開いてしまった。

                    耳の奥には、なぜか6年前ぐらいに練習していた
                    曲ばかりが残っていて
                    昔のことばかり思いだしている私だけが
                    いま、この場所に取り残された感じがした。

                    大変だったけど、あの頃がよかったなぁって・・。

                    でも、あの頃、それから先・・
                    自分たちの夢を諦めて前に進んだ二人は
                    「いま、これでよかったと思う。」って
                    そう思って毎日を過ごしている・・。
                    眩しいくらいに・・。

                    そう、立ち止まって、動けなかったのは私1人。
                    でも、もう淋しいとか、あの頃がよかったなんて
                    言っていられない・・
                    だって、子供たちはちゃんと、自分でしっかり生きているから。

                    今、私は息子が数年前によく弾いていた曲を一つ選んで
                    少しずつ練習しているけど(本当にちょっとずつ)
                    一つ一つの音とともに懐かしいような温かいようなものが
                    体中を包んでくれて・・・
                    夕陽を見ても、もう悲しくはなくなってきた。


                    楽譜
                     

                    2015.02.05 Thursday

                    今も変わらない

                    0
                      小学校、中学校に通っている間に
                      コンクール、発表会と
                      生活の中のそのほとんどがピアノ・・だった頃
                      子どもはもちろん、そして私も応援する気持ちで
                      頭の中はその時、その後のことで一杯だったけど
                      ある日それがぷつんと途切れて
                      違った形で音楽と関わるようになって
                      一番揺れ動いていたのは・・・

                      実は、私でした。

                      不思議なものです。
                      娘よりもピアノ(クラシック)に思い入れが強かった
                      息子の方が、気持ちの切り替えがうまくて
                      心のどこかでそれを望んでいたのも私でしたから
                      息子との関係はその後とても良いものになったけど・・
                      娘に関しては・・
                      音楽の道を諦めて、その先のための高校を選び
                      大学生になった時に選んだ音楽・・
                      それを・・
                      私が心の中で受け入れるのには
                      長い時間がかかりました。

                      そして、昔はあれほど仲良くしていたのに
                      ほぼ2年近くの間、娘と私の間はちょっぴり
                      冷たい風が吹いていました。

                      でも今は・・春風に変わってきています・・。
                      昔のピアノも、今のピアノも・・
                      娘の弾くピアノに変わりはありませんから・・。
                      ただ、ジャンルが違っただけ・・
                      ピアノが好きなその心は・・そのままです・・。





                       

                      | 1/7PAGES | >>